こんばんは!

フリーダムダンサーのCobAです!

今日は嬉しい事がありました!!!!!!

今日のJr.クラスのレッスンの前にある女の子が、質問を紙にまとめて持ってきてくれました!

「あ〜!!この時の為に俺は勉強してきたんだ!!」

と、しみじみ感じてその質問に答えました。

 

質問は以下の通り。

1、ストリートダンスとHIPHOPダンスの違いは?
2、HIPHOPダンスなのに、ブレイクダンスをやるのはなぜ?

んー!!いい質問!!!!

 

この質問を見て、インストラクターの皆さんは”答えられるかどうか?”よりも重大な事に気づかなくてはなりません。

 

 

1973年。アメリカ、ニューヨーク、ブロンクス、サウスブルックリン地区。

いわゆる”ゲットー”。

HIPHOPと呼ばれるのは、まだ後の事。

彼らは、その遊びのど真ん中に身を置いていた。

日本で言うところの、高校生からハタチ前後。

いいところは、公園?に集まり、全て持参?でパーティーをして楽しんでいたという。

日本なら、健全な感じな好青年達に感じるかもしれない。

でも、そこはゲットーだ。

生半可に生きている者なんて一人もいない。

毎日がサバイバル。

食うか食われるか?の前に、生きるか死ぬか?

そんな中で、唯一の楽しみが友達と集まり、一つの共有物に自分を感じる事。

後に、HIPHOP(ノリノリでイケてる)と呼ばれ、全世界に底辺からのカウンターを喰らわせた。

今やHIPHOPと言ったら、洋服屋さんでかかり、フィットネスクラブでかかり、テレビの一般向け番組のBGMにだって使われている。

当たり前すぎて、空気みたいな存在になりつつある事もしばしば。

でも、それも彼らが望んだ事。

 

Peace

Unity

Love

HavingFun

そして、Knowledge

HIPHOPというお届け物を開ければ、もれなくこの5点セットが入っている。

すでに、世界に振りまかれたときには、この最強パックが完成していた。

しかし、転送を重ねた結果、このHIPHOPというダンボールの中には、何一つ入っていない事も珍しくない時代になってきた。。。もしくは、そんな予感がしているのは俺だけかもしれない。

 

俺がHIPHOPを感じ始めたのは16年程前からだ。

そんなに遠くない過去だ。

そもそもHIPHOPなんて、聞こうとも思わなかったし、俺の人生に関係ないとさえ定義してた。

高校生の頃から地元のクラブには出入りしていたが、当時の俺は”トランス”が主流で、情報不足(当時はインターネットも不十分)からか間違ってHIPHOPのイベントに押し入った事もあった程だ。

とにかく騒いで暴れまくるトランスに比べて、当時、地方のHIPHOPは酒を片手に壁際に立って動かないことから、俺たちは”つくしんぼ”と叫んでいた。

だから、大学でHIPHOPに出会った時、受け入れがたく、拒んだ。

だけど、HIPHOPはそんな俺にピッタリだった。

大学進学の目的”教員免許”を早々に諦めた俺は、ヒマを持て余していた。

“トランス”の友達からも度々連絡は来るものの、そんな連絡さえうざったく感じ距離をとっていた。

そんな時、HIPHOPとダンスが俺を支えた。

大学のダンス部に面白い先輩がいて、その先輩の家に入り浸った。

夜から朝はゲーム。

昼は睡眠。

夕方から踊りに行く生活。

そこで聞く日本語ラップはどれも俺の心に突き刺さり、次第に身も心もHIPHOPになっていった。

俺の一番好きなリリック

 

「一度掴んだベースボールバット、投げたらゲームオーバー。」

-DJ YUTAKA feat.ライムスター/サクセスのひみつ

 

これを聞いた時、俺は「ぜってえ離さねえ。」と心に誓った。

 

1973年。

彼らの中で誰かがそう思ったのと同じく、20歳そこそこのCobAはそのビジョンに深く共鳴した。

 

それが、今俺がダンスを踊り、HIPHOPを伝える根源でもある。

 

これは、誰になんと言われようとも不変的な俺を構成する要素だ。

「どんな人でもHIPHOPを理解でき、その人生のプラス要素として捉えることができる。ただし、HIPHOPに偏見を持たない人にのみ有効である。その人はまた、HIPHOPの中に漬物のように浸されることで理解できる。俺のように。」

 

将来を悲観視される昨今。

残念ながら、その展望は現実化して行く傾向にある。

そんな中で生きる子供たちにこそ、HIPHOPという文化は理解してもらいたい無形重要文化財だと感じている。

 

そんな事を理解したストリートアーティスト達だけで作るステージ

「ANNY LIVE」

は、台風が去った明日、7/29(日)16:00オープンです!