SUPstudioで、火曜日16:30-17:30キッズHIPHOPを担当している「CON」が、群馬県大学生ダンス連盟が主催する「Make a Chain バトルMAC 栃群バトル選考会」にて、HIPHOP部門第3位入賞を果たしました!!

8/27(日)に行われる「栃木対群馬」に群馬県大学生代表に選出されましたのでご報告致します!!

CON/THE 6⭐︎`ll

ダンス熱がアツイ、群馬県内7つの大学ダンスサークルが集まってのバトルコンテストに、東京福祉大学「THE 6⭐︎`ll」より出場したCONは、同大学学園祭にて全体ナンバーの振付を担当するなど、サークルのリーダー的存在だ。

そのCONが今回のダンスバトルで、片鱗を見せた!!

動画はコチラ↓

CONバトル3位 from Yuta Kobayashi on Vimeo.

たった数十秒、たった2ムーブのバトル方式の中で、自分の全てを出し尽くすのはそれなりの経験と、スキルや知識が必要になってくる。

いわば、ストリートダンスの原点であり醍醐味の一つであろう。

目の前の相手はどんなダンスをしてくるのか?

DJの選曲はどんなだろうか?

観客のボルテージは?ジャッジは?フロアの状態は?

果たして、自分はうまく踊れるのだろうか??

そんな自問自答の中、MCの合図で曲が始まる。

けん制をしあいながらも、少しずつリズムを刻みだす。大技から入ろうが、walkから入ろうがそれは自由だ。

ただ一つだけ、所定の時間内に観客を盛り上げ、ジャッジを唸らせた方の勝ち。

ルールはシンプルなのに、頭の中は複雑だ。どれだけシンプルに自分を表現し、純粋にフロアをLockできるか!?が勝敗を分けるカギとなる。

以下、CON談↓

StartUP‼︎studio 講師”C.O.N”CONです。
hiphopの枠でまさか三位として上がると思っていなくて、どちらかとフリースタイルで上がれると思ってました!でも、予想とは異なり、自分の名前が呼ばれた瞬間、驚きを隠せませんでした。驚いたのもありましが、時間との戦いでレッスンや仕事が終わった後も仲間と練習をして、汗水流して、時には体がボロボロになり、上手く動けなくても、諦めずに努力をした積み重ねが、1番心に響きました。これも支えていただいた両親とダンサー仲間、コバさんに感謝の気持ちでいっぱいです。大学4年目にしてやっと勝てる希望を勝ち取った。自分の中では1番だと思ってます!この気持ちを忘れずに戦い続けます。Don’t dream It’s over…‬

CONは、元々一人でダンスを始めた。

自分の部屋でYouTubeを見ながら独学で踊っていた。

何か、生活の中にチャンスが欲しかっただけなのかもしれない。

やがてレッスンに通い出し、大学へ進学。迷わずダンスサークルへと入る。

仲間とダンスを踊り始めたのはその頃だ。

[CON withシンペー]

それまで仲間と踊ることを知らなかったCONにしてみたら、全てがはじめての経験で、うまくいかなかったことも少なくなかったはずだ。

そんなCONはこんなことを言っていた事がある。

「何かの繋がりがあって、助けてもらい支えられ、その人たちが周りにいたおかげで今の自分があると言ってもいい。」

きっとダンスはCONの人生において、最大の変化と気づきを与えたのだろう。

CONのテーマ

SUPstudioにおいて、現行で行なっているCON先生キッズレッスンでも、想いはそのままだ。

加えて、幼児教育を学んでいる事から、生徒に寄り添ったレッスンが特徴的だ。

オープン1ヶ月目にして、生徒の心を掴み好かれる先生だ。

そんなCON先生のレッスンは、

毎週火曜日16:30-17:30キッズHIPHIOP(4歳〜小学2年生)

CON先生は、ダンスを通して“変化できるキッカケ”を持たせてくれている。そんな風に感じるのは、筆者だけではないだろう。

まずは、ご体験ください。

体験予約はこちらから!