こんばんは!

StartUP!!studio代表CobAです!

週末に、ウニクス上里の10周年記念イベントに出演、協力させて頂いてきました‼︎

プロデューサーのMr.HALFさんの心遣いで、スタジオのPR、体験レッスンのステージに飛入りで、参加させて頂きました‼︎

まるでこの風景は、スタートアップスタジオの告知レッスンなような・・・ほんっとにありがとうございます!!

CON先生が”チョッパー”に見えるのは俺だけ?

生徒も出演しました!!

深谷チーム「STAMPERS/CON先生」↓

深谷チーム「KAKA/CobA」↓

今回でラストステージだった「KAKA」HONOKA&RiKA↓

高校3年間、ダンスに”投”げた時間。

×

沢山の経験。

必ず”資”となり、自分の未来を守ってくれるでしょう。

人が人を呼び、人が集まる。

HALFさんを見ているとそれがにじみ出ているのが分かる。

小さなスペースに100人以上が集まったイベント。

炎天下、36℃の中日除けもないステージの上で、ひたすら踊って歌った出演陣。

驚いたのは、撤収時。

HALFさんの挨拶「本日は、ありがとうございました!!」

の号令と共に、観客一同が一斉に立ち上がり、椅子やステージなどありとあらゆるものを片付け始めた。

さすがにまばらになっていた客席だったが、当然全員が知り合いや関係者ではない。

このイベント自体が持つ雰囲気と、パフォーマーの熱意に押されての行動なのか、それとも恒例化しているのか?

自分が、他店舗のウニクスで同じようにイベントをやっていた頃、撤収作業は30分以上を要していた。

ところがこのイベントは、ステージやテントの数が多いのにもかかわらず、30分しないうちに完全撤収が見えていたのだ。

あっけにとられて、片付けの手を止めていると。

「手が空いている人は…!!」

と、HALFさん。

ヤベっ!!と思った瞬間次の言葉。

「…アイス食べてね〜!!」

と手を止めずに笑顔で言っていたHALFさん。

コレなんです。

答えはコレなんです。

「あたたかさ」の正体は、「人」なんです。

きっと、HALFさんは上手いダンサーを育てるだけじゃなく、人のあたたかさを伝えているんじゃないか?

そう思いました。

イベントの最中HALFさんがこんなことをMCで言っていました。

「僕はただ、自分が好きになったことを30年間続けてきただけなんだよ〜。」

その言葉の重みが、それの約半分の自分にはズッシリと、そしてキラキラと見えました。

“好き”があるだけで、人生は大きく変わるものです。

心で行動をとることが容易にできます。

同時に、何かの壁にぶち当たった時は、全く動けなくなることもザラです。

でも、それを乗り越え問題解決をした瞬間に、今まで見たことないような青空が目の前に広がっている。

まるで、恋愛のように、愛し、傷つき、強く輝けるようになっていく。

だからこそ、人に優しくなり、自分をドンドン好きになっていく。

そんな人はきっと、体温計では測れないあたたかさを放ち、知らないうちに周りを優しく包み込んでいるのかもしれませんね!!

自分の”好き”で、新しい自分を発見して見ませんか?

新しい自分の、新しいドアを開ける。そこからの道は今までとは全く違う道。

8月12日(日)特別体験レッスン開催!!

ご予約間に合います!!