スタジオ業務全面再開にあたりまして。

いつも、StartUP!!studioをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、緊急事態宣言の解除にあたりまして、休業要請解除の対象(大学・学習塾等)となりましたのでご報告致します。

6月1日(月)より、通常営業と致します。

また、オンラインレッスンを含むweb環境の大幅な改善・改修により、安心してレッスンに参加できる「web補助システム」を導入し、不安な時はご家庭でもレッスン(現在キッズダンスクラスのみ)を受講頂けるよう工夫しております。

※ご家庭のインターネット、デバイス環境の整備が必要です。

また、6月はSUP!!3周年の誕生月でもあり、SUP!!史上類を見ない“お得なセット割キャンペーン”を実施する計画がございます。

この機会に、ぜひともStartUP!!studioをご利用下さい。

さらに、

①オンラインクラスの募集を開始。(6月中旬予定)
②大規模なワークショップの実施予定(8月予定)
③小規模イベント ダンス発表会"DownUP vol.4"の実施(8月予定)
④新クラス"りとるクラス"の開設(9月予定)
⑤新レッスンプランの発表(12月予定)

の5項目を直近のプロジェクトに据え置き、皆さんが失った1.5ヶ月間の”キッカケ”を取り戻していく決意です。

その他、必要な重要案件を発見した場合、前例にとらわれる事なく皆さんの”好き”に寄り添っていきます

私たちは、「安全・安心」の名の下に、これからも本庄を中心とした地域の

“誰かの何かのキッカケになりたい。”

を突き進んでまいります。

これからも、どうか末長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。

StartUP!!studio 講師・スタッフ一同

ここから何を得たのか?どう変わるか?

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです。

日本中、世界中が自由の尊さを噛みしめ、求めている昨今。

今まで甘ったるい事を言っていた自分を、懐かしく思うような今。

ほんの数ヶ月前までは、人間の歴史の延長線上に立っていたようです。

その数ヶ月後には、”出口”という言葉に喜び、止めていた一歩をもう一度踏み出そうと思いを馳せていたりもします。

または、出口が見つかったにも関わらず、一歩も踏み出したくない衝動に駆られる事だってあります。

何が正解なのか?なんて、誰にも分からない時間を地球上の全ての人類が過ごしています。

でも、実は今までもそうだったのではないでしょうか?

昔あった写真の”焼き増し”は、時間の切り抜きをコピーする技術でした。

あるテーマパークで撮った写真を誰かに焼き増しで渡し、その後その場所に行って同じ場所で写真を撮ったら、全く違う風景が撮れた。

これは、時間が経てば立つ程に現実味が出てくる事でしょうし、最悪テーマパークは無くなっている事だってあるでしょう。

時間というのは、その瞬間が最高値であってそこから先は、急激に価値が減少していくのです。

しかしながら、そのテーマパークで写真を撮ったのが、自分ただ一人だとしたらその写真という物自体の価値は、時間が経つごとに急激に価値の上昇が見られるのだと考えます。

時間は有限で、物は変動するのでしょう。

物というのは、この世界を構成する全てを指していて、酸素などの気体も含みます。

時間が変わると物は変化します。

「いい車を買った。」

としたら、その価値は物ではなく、時間に左右されるという事なのでしょう。

さて、前置きはこのぐらいにして、私が今回の一連の流れの最中で感じたことを、お話しましょう。

「よかったな。」

これが中間結論です。

間違いなく、私の個人的な見解ですが、本当に良かったと実感できる事が多いのです。

もちろん、その中身には嫌な事や辛い事、抱え持つ不安感など、ネガティブに働く思考は同時について回っています。

でも、やっぱり「ダンスをやっていてよかった。」「あの時思い切ってよかった。」「こんな人に出会えてよかった。」など、よかった事が頭に流れてくるのが心地いいんです。

今、人生の幕を降ろしても「よかった。」と思える人生でありたい。

ですが、まだまだそんな幸せは手に入れていないようです。

「よかった。」の後にやってくる問いは、「自分だけか?」です。

その問いについての答えは、いつも「NO」です。

今回、衝撃的に思った事の中でも一つ挙げるとしたら、「大きなステージを完備した庭付きの家が欲しい。」です。

10年前に書き出した100個の夢リスト。

その中の50%以上が、今叶っています。

叶だろう夢を含めたら、70%程度の予想値です。

ですが、直近の夢リストになると、20%にも満たなくなります。

それが成長なのだと胸を張れる反面、夢に対しての推進力が鈍化しているようにも感じるのです。

当然、難易度?というのか、その夢が持つ到達点が過去に比べて雲の上になっているのは言うまでもないですが、”質”としてみた時に遥かに「他人の事」が夢の中に混在している率が高いのです。

それは、自分だけの努力でどうにかなる範囲ではなく、誰かを巻き込みながら、誰かの幸せとクロスオーバーしながらでないと達成し得ない内容になってきているのです。

先に挙げた「大きなステージのある家」は500坪程の敷地の中に、200席の観覧席と、20mの間口を要した屋外ライブ会場の事です。

50台程の駐車スペースは、周りの畑などを借りる計画で、居住スペースには控室にもなるゲストリビングを用意しています。

概算では億を越える費用が必要ですが、いつでもイベントができる自由度に越した事はありません。

ホームパーティーレベルで、ある程度のイベントが可能な自宅です。

10年前にこのビジョンを夢に描き、今こそ必要な時に用意できなかった事。

周りの状況の中で、電源スイッチをOFFにするしかなかったマシンのように、誰かの夢や笑顔を乗せるステージを用意できなかった事。

それに気づいた5月の頭に、自分のちっぽけさに堕落したりもしました。

だからこそ、夢に対する推進力を強く持とうと。

誰かが喜ぶ夢を語ろうと。

もう一度決意できた自分に拍手を送るように、また一歩ずつ前に進もうと。

こんなにも、彼らの笑顔に助けられるとは思ってもいなかった。

ただ一枚の紙切れ、”開業届”がこんなにも自分を高め、苦悩させ、ポジティブにさせてくれるなんて思ってもみなかった。

ハッキリ言ってその時は、見栄や自信だけで飛び出した割合の方が大きかったと今では思います。

間違いなく、仕事は施しに比例し、施しは悩み事の中にあります。

悩みの根本解決が結果だとしたら、まだまだ私が皆さんにさせて頂ける事は計り知れないのかも知れない。

対処的な施しならいくらでもできます。

ダンスで言えば、”上手くさせる。”や、”プロにさせる。”と言った事でしょう。

でも、本質的な意味での”幸せ”には、まだまだ私自身遠く、誰かを幸せにする事でしか到達できない場所にあるんだと感じます。

幸せは、人との距離(間)の中に存在すると信じています。

ハグされれば嬉しいし、落ち込んだ時肩を叩いてもらうだけでも助かる。

手を繋いでもらったらスキップして、恐怖を感じたらすり寄れる。

そんな時に幸せはやってくるんだと信じています。

まだまだ未熟な私たち人間は、人間である以上誰かを求め、求められる存在でありたいと願います。

目線だけでもいい。

誰かと繋がれるステージさえあれば、ほんのちっちゃな幸せを生み出せる存在。

それが、ダンサーであると再認識させてもらったこの頃です。

私たちダンサーは社会に必要な存在である事をここに宣言し、未来をまた作っていきます。

明日は、DownUP!!…だった日。

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです。

明日の17日は!!!

熊谷最大のクラブダンス発表会!!

DownUP!!vol.4!!

ワー!!!!!!!!!!

・・・

って言いたいとこですが。

開催できません。

みんなの気持ちに添えない形になっている以上、申し訳なく思っています。

「早くみんなと一緒に踊りたい。」

そんな声を、多方面から聞きながら今という時間を過ごしています。

DownUP vol.3は、超ビッグゲストRickyさんをお招きし、盛大に開催しました。

今回も、ゲストやスタッフ、日程までが決まった中での延期を3月の段階で出させて頂きました。

当初の延期日程は6月末としていましたが、多くのクラスが振付完成前に自粛に入らざるを得なかった現状から、再延期をする決断をしました。

現段階では延期日程の設定すら決められない状況にあります。

それでも、各先生達はどうにかしてメンバー達がステージに上がって欲しいと、打ち合わせなしに口にします。

3月の上旬あたりから、関係する先生達やお世話になっているダンサーと「コロナ対策委員会」といったLINEグループを立ち上げ、早々と情報交換し対策を練り実施してきました。

まだ見えない部分や、捉え切れていない予想図はあるにせよ、それぞれが前向きにこの問題と向き合い、ただ純粋にダンスとステージを望んでいる気持ちを共有しています。

それは、メンバーからのダンスを待ち望む声や保護者からの温かいメッセージ、何より仲間同志のツナガリを再確認し、ダンスはただの娯楽レジャーの枠を越え、孤独解消の欠かせないインフラになっていることを実感しているこの頃です。

この春、世界中のダンサーが一人残らずステージを踏まずして過ごしています。

今後見越した未来予想図の中に、実行可能な妄想があります。

世界中のダンサーが一堂に会し、世界同時に開催されるダンスのオンラインイノベーションイベントです。

これまでに無い、全く新しい形のイベントが世界のどこかで展開される。

それは、アメリカなのか、中国なのか、チリなのか、スイスなのか、エチオピアなのか、日本なのか?

全くもって分かりません。

だけど、きっとそんな未来はすぐそこにあるような”夢”が頭と心の中を駆け巡るのです。

この状況の中で、世界は小さくなり、言葉の壁は消え、同じ習慣を手に入れます。

そんな時、同じステップを踏む異国の他人が目の前にいる時に、あなたはどんな気持ちになりますか?

私自身がこの20年間で体感してきたこと。

それが、たった一瞬で感じられてしまうスピード感たっぷりのダンス世界に、立とうとしている若きダンサー達にエールをお願いします。

先人の皆さんが紡ぎ上げてきたこのダンスカルチャーは、1世紀の時を越えて世界のコミュニケーションツールになるのだろう、いや、もうなっているのでしょう。

Rickyさんが昨年言っていました。

「これからだ。」

と。

ニューヨーク アポロシアターで奇跡を起こしたのが日本人ならば、これからのステージにも日本人のダンサーは必要でしょう。

そして多くの人の勇気になるのです。

その勇気をもらった私が、また勇気を送れるように。

DownUPは、そんな人の想いを繋げられるイベントでありたいと、関係するスタッフ、メンバー、先生達みんなが作り上げるイベントです。

水の量

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです。

今日のオンラインレッスンで水の話になったので、その補足をしますね。

話の始まりは、部屋に扇風機を設置した生徒を発見して、「暑い?」と声をかけたところから始まりました。

家での運動は、環境によって室温や湿度が違うので、その場に合った設定が必要になります。

なぜ、室温をコントロールする必要があるのでしょう?

それは、体温調整がキーワードになってくるのですが、今回は”脱水”する事に着目した会話になりました。

「汗かくから。」

の答えに、「お水を1日にどれだけ飲むでしょう?」と問題を出しました。

・・・

「2.3ℓ??」

と返してきた男の子に

「正解!!」

と答えました。

適当な数字を言ってきただけにしては、いいところついてます( ✌︎’ω’)✌︎

もっとも、成人の体から毎日排出される水の量は、約2.5ℓとされています。

呼吸や、尿、そして汗がそれです。

一日水を飲まなければ、毎日2.5ℓ=2.5kg体重が減っていく計算になりますね。

わずか2%の水分不足でも脱水症状を起こすこともあります。

単純計算だと、体重100kgの人だったら1日で、50kgの人なら半日で脱水症状になるのです。

さらに、大人の体は60%が水分ですが、子どもは80%が水分でできています。

大人よりも、子どもの方が水分が必要ですね。

ただでさえ、遊びまわって動くのに、プラス運動するとなると水分摂取は超重要項目となります。

ですから、大人では2.5ℓ以上が必要な水分摂取量となります。

2.5ℓと言ってもピンとこないですから、私の800ml入るマイボトルを見せて「これ何本分?」とまた質問してみました。

「割り算かあ・・・」

と言いながら沈黙が続き、「3.?????」と答えがやってきました。

「そう!3本ちょっと!」

という、アバウトな正解にまた沈黙。

の後に、「飲めないよ〜」

と誰かが言っていました( ^ω^ )

毎日3ℓ程度水を持ち歩いて10年経ちますが、最近では全く苦にならなくなってきました。が、最初の頃は飲み忘れたり、飽きたりと大変だったのを思い出します。

一気に飲もうとすると”水中毒”になると聞いたこともあり、チョビチョビ飲んで10年です。おかげさまで水中毒になることもなく、水以外ほとんど飲料水を買わずに過ごしています。

スーパーモデルは5ℓも水を飲むようですが、私も夏場はスーパーモデルになれるようです^ – ^

体の半分以上を占める水が新鮮でキレイなら、体もすこぶる調子が言いわけです。

起床時や午前中、運動の合間には必ず水を横に置いています。夜はなるべく避けるのもポイントです。

ここまで言っても、水なんか飲む気にならないでしょうが、飲んだらいい事ありますよってだけ言っておきます。

逆に、運動中に砂糖水(売っているもの全て)を飲んでいるのを見かけると、止めたくもなりますが”ストレス発散しているんだな!”と捉えさせてもらっています。

それをインストラクターが飲む姿を見せることを、弟子にならめちゃくちゃ怒ります。

むしろ、一番最初に言っているのです。

20年近い昔、レッスンを受けていた時に「コーラ飲むと元気になるんだよ!!」と先生が言っていました。

それを受けて、周りの生徒はコーラをレッスン中に飲んでいたのです。

当時、私は財布にお金が入っていなかったので買えませんでしたが、先生が言っているならそうしたい!!って考えていました。

実際は、水分が抜けた体に一気に糖質(ブドウ糖類)が流れ込むことで血中糖度が格段に上がり、”ハイ”になっているだけの状態を「元気になる!!」と言ったのでしょう。

アブナイ表現ですが、体内ではそういった反応が起こっているのです。

だから、弟子には怒ります。

「知らなかった。」

だいたいの弟子はそう言います。

私もそうでしたし、今も知らないことは山ほどあるでしょう。

だから、言ってくれる誰かがいることが宝だと心の底から思うのです。

言われなくなったらどうするのか??

それは、そんな場所に自ら足を運ぶ以外ないでしょう。

水は色んなことを教えてくれます。

たった9%。

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです。

タイトルにもある、”たった9%。”

これは、なんの数字だと思いますか?

答えは、OECDが加盟国37ヶ国を対象に調べた「9-10歳 学校の課題のためにデジタル機器を利用しているか?」の日本のデータです。

トップのオーストラリアは70%で、平均値は50%あたり。

当の日本はダントツの最下位の9%。

私の友人でNewStyleHIPHOPの師匠のKentは、ハワイで活躍するダンサーです。

ハワイ州は外出が抑制されている事に加え、島国であることからかなり厳しい現状がSNSから伝わっています。

そんな中、彼はオンラインを見事に使いこなし、毎日のようにオンラインレッスン を多数の生徒と成功させています。

そのクオリティーは、見ている私が目標にするぐらい鮮明で輝いています。

もちろん、日本とそれを比べる気はさらさら無いのですが、今現状で行われている日本のオンラインレッスンとは教える側も学ぶ側も全く環境が違うのです。

冒頭で述べたように、国内の基礎教育でのオンライン環境でさえ世界の足元にも及んでいない状況で、個人経営スタジオが何が出来るわけでもありません。

ですが、進まずして先は無いのも事実です。

「またリアルに戻ったら、オンラインは必要なくなる。」とでも言いたいがごとく、自治体や政治はオリンピックの派手な演出に活路を見出していたでしょうか?

リアルが無くなるなんて思いませんし言いませんが、OECDがなぜこんなデータをお金と人力をかけて集積したのか?を考えると、合点がつくところが見えてきそうです。

時代の変容期は、どうしても画一化をしたくなるようで、これまでのアイデンティティーを負の資産と言いたくなったりもします。

ですが、私としてはリアルでしかできなかった事がものすごく貴重に感じ、リアルでできなかった事が可能性に感じるのです。

どちらもハイブリットに捉え、双方向からのアプローチが必要になる時期になるのではないか?と捉えているのです。

例えば、仲の悪いどちらかに加担した後に、相手側の言い分に納得してしまうことは誰でもあることでしょう。

どんなことも、双方に光と影が存在するのです。

それを補完しながら生きてきたのは紛れもない”人類”です。

今、そんな時期がやってきているように感じます。

“たった9%。”

“たった10%。”

にする事が、果たしてどんな可能性があるのか?

もしかしたら、家庭で悩むあんな事や、健康で悩むこんな事、人間関係で悩むそんな事まで、解決出来るシステムを得る事が出来るかもしれません。

ただし、変化はいつだってドラスティックに訪れます。

黒船来航や条約締結など、今までの当たり前がありがたく感じるようになる。

それも一瞬で。

まるで、誰かの死を目の当たりにしたときのように。

こうしておけばよかった。ああしておけばよかった。

色んな思考が頭の中を行き来するでしょう。

だから、今に生きながら、過去に感謝しつつ、未来の準備をする。

数年前、ある女性からこんな言葉をもらいました。

「あなたがここに来たことに意味がある。」

新しい場所に自ら進んだことを称賛してくれた言葉でした。

今も彼女は天国から見守ってくれていることでしょう。

心から尊敬し感謝します。

I would like to express my sincere condolences.

Thank you. Kiyo Shinomae.

リズムはメンタルに良い??

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです!

自粛生活が長引く中、どうにか自分や家族の健康レベルの引き上げがしたい!って毎日努力してる方が多くなってきていますね。

医療に携わっている人たちに感謝しながら、自分達にできることを毎日少しずつ全員がやっている事でしょう。

そんな中、欧州などで取り沙汰されているのが「メンタルヘルス」ではないでしょうか?

日本でも例外ではなく、ここ最近メンタルに関わる残念なニュースが報道されているように感じます。

非常事態の中、メンタルヘルスの重要性は皆さん周知の通りでしょう。

WHOが定義している「健康の定義」では、

  • 身体的健康
  • 精神的健康
  • 社会的健康
  • 霊的健康

の4つがハッキリと定義されています。

このバランスが整ってこそ健康でいられるのです。

その中でも”精神的健康”は、自身でコントロール可能な分野になります。

しかし、それ故に難しいのが常です。

短調リズム性運動

連続した一定のリズムの中での運動を”短調リズム性運動”と呼びます。

簡単なところでは、食事の咀嚼や歩行、制御された呼吸などがそうです。

実はこの運動が、メンタルに大きな影響を及ぼしている事があるのです。

幸せを感じたり、落ち着いたりする一つの要因に脳内の神経伝達物質”セロトニン”の分泌が挙げられます。

セロトニンは、”トリプトファン”という必須アミノ酸(体外摂取)から合成されます。

まず、食事でトリプトファンをしっかり摂取する事が大前提ですので、肉や魚などを率先して食べる事が大切です。

カロリーなどが気になる場合は、植物性のプロテインを用意するのも手でしょう。

このリズム運動を行う事で脳内のセロトニン濃度が高くなる事が分かっています。

その他にも規則正しい生活をしたり、日光を浴びる事でセロトニンは分泌されます。

自分でコントロールできることとしたら、リズム運動が最適ではないでしょうか?

リズムといえば「ダンス」でしょう!!

しかも、交感神経を刺激するような激しいリズムではなく、ゆったりと安心するようなリズムで副交感神経を優位にしていく事が大切です。

例えば、アフタービート(一拍置いたテンポ)で揺れるように踊るスウィングや、筋肉を軽く弾くように踊るポップは、一定のビートを感じながらゆったりと動く事ができます。

ダンスの基礎と知られるダウン・アップでも同じような事が言えるでしょう。

もっとも、音楽に揺られながら体を動かすことは、学術記事がなくても気持ちいいことは私が一番知っています。

さらに、一緒に躍っている仲間や参加者がいることで、自然とコミュニケーションが起き、笑いあったりすることでNK細胞が活発になることも期待できます。

幸せで楽しい時間。

それがダンスなのです。

メンタルを整えるのに、ダンスのリズムを使って毎日清々しく過ごしましょう。

スタジオでは毎週土曜日に、ヨガとダンスを通して本庄の皆さん、フォローしてくれている皆さんに”健康二次被害”を予防する運動動画をフェイスブックにて無料配信しています。

ページ下部にSUP!!のフェイスブックが表示されていますので、いいね!して一緒に健康ステイホームしましょう!!

また、オンラインでのレッスンも2クール目を迎え好評頂いています。重ねてチェックもお願いしますね^ – ^

↓家をクリックで、詳細ページに移動します。↓

SUP!!自信のオンラインレッスン

皆さんが健康であることを切に願います。

これから…しかない!

こんばんは!

ダンステクノロジー推進委員会のCobAです!

やっと先が見えてきた。

以前から見てきた少し先の未来。10年ほど前から教えてもらっていた今が、今日ここにやってきた。

大幅な進路変更があったけど、どうにか行き着く場所。”ダンサー王国”に辿り着きそうな予感がしてきた。

この数ヶ月で、数年先の未来にタイムスリップを全員が余儀なくされた数ヶ月。

まだ時間があると勘違いして、構想段階で目の前の事だけに執着した自分を反省する。

そういえば、あらゆるメンターから同じ話を聞かされていたのを思い出し、強烈に実感した。

まだまだ始まったばかり。

今、全員が同じスタートラインに強制的に立たされ、一斉にスタートの合図を聞いた。

前を向いて走り出したと勘違いした人。後ろ向きに全速力で走り出した人。隣の人のスタートを今か今かと待っている人。スタートの音を聞き逃している人。

あらゆる人がいる中で、誰一人として間違っているなんて分からないし、合っているのかすら分からない。

それが、産業革命。

大枠、今までと同じ物は全くありそうもない。

これまで学んできた知識はおろか、絶対的だった経験さえも全くフェーズが違う。

今はまだ、序盤の”じょ”だから、大きく変わりはしないが、恐らく半年たったある日に、もう戻れないほどの違う景色を見ることになりそうだ。

それが心地いいものなのか?そうではないのか?

は、その時の感情によると思う。

村の時代を生きるには、村を知る必要がありそうだ。

18歳で村を出て18年と10ヶ月。

村で過ごした時間を超えたのは、長かったのか?短かったのか?

その5年後には、東京のありとあらゆるクラブでショーに出た。当時、聖地と呼ばれた渋谷の大きなクラブには大体呼ばれて出たと思う。

村に住んでいた頃には、全く想像もしない未来だった。

その後、Rickyさんに出会い、Kentの指導をもらい、ダンスの概要がくっきりと見えてきた。

そんな頃に、スタジオを持ちたい気持ちから、経営者のメンターに恵まれ、ゼロからではなく、マイナスから多くを学ばせてもらった。

「どんな時代も、キミの姿勢だ。」

難しい事なんか一つも無かった。

むしろ、禅問答のようなたった一つの問いに、飽きたりしたこともあった。

だからこそ今、雲で霞んだその先に、たった一つの背中がおぼろげに見えてきた。

これから起こる事。

それは、それぞれが見ようとするべき事柄なんだと思う。

もしかしたら、人それぞれ違った未来があるような気もする。

全く違った未来に突入している今。

試されるのは、自分の足を進める指針。

人生の中間決算を。

これからをどう生きるのか?

特に全ての指導者は、それを見据えている必要がある。

もう一度言うけど、今までと同じものは全くありそうもない。

苦渋。その先に。

こんばんは!

ダンサープロデューサーのCobAです!

この度、スタジオを休講させる決断に至りました。

何度も意見交換を重ね、関係各所との連携の上、下記の判断に至りました。

新型コロナウイルスに伴う 臨時休業等決定のお知らせ

たった一週間の休講。

されど一週間の休講。

今回の件に関しては、色んなチャンネルから情報収集し、政府、行政の判断と、スタジオを取り巻く環境など、あらゆるケースを想定した結果、メンバーの皆さんのリスクを少しでも軽減したいと考えた結果です。

本当は、こんな時こそダンスの力が周りのヒカリになる。

今でもそう信じています。

だからこそ、CobAの直営チーム”StartUP!!dancers”のPVを早急に撮りました。

DCIM100MEDIADJI_0005.JPG

StartUP!!dancers PV “GiveMyEnergy” from Yuta Kobayashi on Vimeo.

メンバーの皆さんのチカラに少しでもなれば幸いです。

コロナウイルスの発生で急速に世界が変わりつつある。

パラダイムシフト。

パラレルワールド。

シンギュラリティ。

こんな言葉が数年前からよく耳にするようになっていた。

だけど、”感染症”を理由にそれが加速度的に音を立てながら変わっていくなんて、一体誰が予測しただろう。

少なくとも、一般教養しか無い自分には全く予想もつかなかった。

当面の間、この感染症による影響は世界に爪痕を残しそうだ。

雲が晴れた後には、一体どんな世界が広がっているんだろう?

日本では、黒船がやってきた後、ちょんまげが無くなった。

長い間当たり前だった歴史が、一瞬にして変わったのだ。

玉音放送の後、国民の生き方は180度変わり、今までの日本では全く考えられない日本が建国された。

このように、何かが変わる時は、その前後では表と裏が逆転するほどの変化が起こる。

国民の健康を守るとされた”病院”は、今や最もリスクを抱えた場所となった。

病院に行かない方がより健康なのだ。

楽しく友達と触れ合い、手と手を合わせてコミュニケーションをとる前には、何かしらの壁がそびえ立っている。

何かしらが変わっていっているのは、誰でも想像がつくだろう。

ハッキリ言って、この10年間人の何倍も勉強してきた。

そんなに簡単にこの世の中を、裸一貫で渡っていけるなんて思えなかったからだ。

だけど既に、その知識もこの数日で社会が追い越していった。

悩み、苦しみ、模索する。

それが、人間のあるべき姿なのか?と感じたりもする。

未来を想像すれば霞むし、今を考えれば頭痛がする。

過去に浸って生きれば、生ゴミのように腐っていくのは承知の通りだ。

過去の常識の中に、未来はない。

きっと、こんな時代の境目に生きた人たちはそう多く無いハズだ。

そして、これからの世界はきっと、変化しない方が常識外れになるのかもしれない。

既に準備が整っている”5G”。

新たなジェネレーションが活躍する時代に突入するのだろう。

昭和の終わりに生まれたCobAにとっても、理解し難い社会構造になりそうな予感がする。

だから、ハッキリとこう思う。

「共に生きよう。」

世代を越えて、時間を越えて、経験を越えて共生していく世界がそこまで来ている。

誰が上、誰が下の概念がなくなり、できる事の価値とできない事への創造性が個人を越えて、可能性を生む。

そんな世の中の入口に立っているんだと、今理解している。

きっと、この先に待っている風景は壮大で、美しく、より清らかなのかと想像すると楽しみだ。

その為に、今のこの苦境をちっちゃな集落の力で戦い抜き、新しい時代の扉を多くの手でこじ開けたい。

SUP!!はそんなコミュニティーを創造し続ける。

そんなコミットメントがSUP!!メンバーの心に届いただけでも、自分が踏み出す一歩の価値があるのだと、自分に言い聞かせる今日この頃。

既に、みんなの力に支えられ立たせてもらっているのだ。

私たちの仕事について

こんばんは。

ダンサープロデューサーのCobAです!

スポンサー懇親会巡業!

花園、児玉、本庄それぞれの地域に出張です!

水で乾杯申し訳ないm(_ _)m

でもでも、子供を思う気持ちが”ダンス以外”の側面を通じてひしひしと感じてましたよ!!

俺自身の性質上、スポンサーの皆様”全員”とお話したい気持ちがありますが、それぞれご予定の多い中、集まって頂いた皆様には感謝の一言しかありません。

ある意味での、”社内プレゼンテーション”に似たスタンスでこれからのスタジオ展望をお話させてもらっています。

残念ながら出席できなかった皆さんにも、どこかでお話させていただきたい内容です。

現状、こういった形でしかコミュニケーションが取りづらくなっている状況と、キッズの成長に関わる新クラスの提案についてがメインの話です。

それでも、一番勉強にさせて頂いたのは、皆さんの子供に対する視線や態度でしょう!

私たちは、もちろんのことご両親の影響力には到底及びませんし、それを越えようなんて一ミリも思っていません。

与えてもらった限られた時間を使って、一人でも多くダンスを通した素晴らしい人生に気づいてもらうのが最大の仕事だと捉えています。

単純に”上達する”だけではなく、個々の能力と夢に応じて継続する価値観と、自己を尊重し周りを尊敬するコミュニケーション能力の必要性に一つでも気づいてもらったら嬉しいのです。

なぜなら、私たちは”ダンサー”という限られたライフスタイルを実現した中で、180°変化できた考え方を身につけ生きています。

現代社会。マイノリティーの重要性が市民権を得た中で、ダンスという媒体はその多くを実現する数少ないツールの一つになると信じています。

そんな中、絶対にしたくない結果が私たちの中にはあります。

それは、

「ダンスに出会わなければよかった・・・」

です。

それは、私たちダンサーの共通の課題です。

中でも、人間的な後悔は最悪のケースでしょう。

もちろん、人間ですから相性は存在することは間違い無いでしょう。

しかし、相性というものは心遣いによってなんとでもなるものでもあります。

要するに、人間の真意での話です。

人が生きる社会は、信頼関係の上で成り立っています。それも善良な信頼関係です。

クレジットカードが良い例です。

契約者の支払い能力を、クレジット会社が信頼して買い物ができるシステムですし、その前身の手形も同じような構造をしています。(専門家の皆さんのコメントは受け付けません( ✌︎’ω’)✌︎)

仕事をする会社の雇用だって、全ての新人の能力が開花し、社会に貢献することを大前提の下に指導し研修します。

誰も、鼻から裏切られるだろうと思っていないのです。

裏切るとは、心切ることです。

心のつながりを切られて、平然とできる人はいないんじゃないか?

と思います。

まず、それには心を分かることです。

自分の心を分かることです。

元の話に戻します。

「ダンスに出会わなければ良かった。」

とメンバーの誰かが思ったとします。

それは、”ダンス”という言葉を通したアナタなのです。

私たちは、”ダンス”というツールを使って仕事をさせてもらっているただの人間です。

裏切ったのはアナタなのです。

アナタはその事に気づいているのでしょうか?

気づくことなんてあり得ないでしょう。

残念ながら、その言葉は全くアナタには届かずに消えていきます。

アナタには全く変化できるチャンスがやってこない事になります。

共通する点は、あまりに子供で、あまりに頑なで、あまりに攻撃的である事です。

強い言葉や仕草を使って、さも優位者であるかのように装うのです。

それもまた、自分自身が嘘で固めているから変化できるチャンスを失っていきます。

そんな人は変化できないまま大人になって、無難に済むはずだった問題に気づかずに、いつの間にか災難になって現れるのです。

「今やれば後で遊べる。」

ある生徒に話した言葉です。

その言葉の真意は、「今やれば…」の連続性が人生だという事です。

人生には、遊んでいるヒマなんてないのです。

“今”ある結果、もしくは”未来”に待っている結果は、”過去”にしか原因はありません。

3次元の世の中では、過去に戻ることは不可能で、”やり直す(コンテニュー)”はあり得ません。

一発勝負の真剣勝負だから人生は華やかであり、尊く、残酷なのです。

アナタは今、心の底からその半生に感謝できますか?

まさか、”魔が指した”なんて言い訳が通るとでも思っているのですか?

何度も過ちを繰り返しているのなら、それは悪魔のせいではなく、悪魔に似たアナタのせいです。

この仕事は、純粋に音楽を楽しみ、純朴に体を揺らせる人にしか続けられません。

もしもこれから先、アナタ自身が「ダンスに出会わなければ良かった。」と口に出しアナタ自身に後悔することがあるならば、今すぐにこの場を立ち去って欲しい。

子供を思う親の愛を前に、人を簡単に裏切り、傷つけるアナタの存在はあまりに卑劣すぎる。

体の傷は伝染しないが、心の傷は伝染します。

私たちは心(ウラ)で繋がっているから。

本気でダンスを教え、本気でダンスを踊るとは、上手くなるかどうかの前に、自然と心が繋がること。

人の為に涙も流れるし、喜びもする。

人を想い尊敬し、自信を尊重できること。

それがダンスコミュニケーション。

技術なんかは、時間をかければいくらでも上達する。

上手くさせてはいけない。自ら上手くなること。ゼロからイチを生み出していくこと。

それにこだわること。

ダンス道。

先輩を見れば、どうなったらいいかすぐに分かる。

人に熱く、人に優しく、人に強い。

ダンスを仕事にするとは、人と仕事をしていく事に等しい。

メンバー様も、生徒も、スタッフも、同業者も、提携者も…

私たちの仕事とは、人と生きていく事に等しい。

「ダンスに出会って良かった!」

など、当たり前の結果です。

仕掛ける人。仕掛けられる人。

こんばんは。

ダンサープロデューサーのCobAです。

今年、初のブログになります!!

この1ヶ月半、何してたかって言うと・・・

だいぶもだいぶ!!学ばせてもらってました!!!

それも、急展開!!超ハイレベル現象!!ほぼ超常現象です(๑╹ω╹๑ )

5名の経営者の方とふか〜いお話させて頂いて、合わせて80年以上の経験値!!

そしてそして!

見えてきた共通点!!

「信頼」

全員が全員、口を揃えて言っていたキーワード!!

事業を起こして、10年以上経つ俺ですが、彼らとはレベルが違う!!

越えてきた壁が違う!

選択する答えが違う!

反応する速度が違う!!

そして、規模がぜんっぜん違った!!

ただ一つ、同じだった事が「信頼」についての認識。

恐らく、一般的に?プチ企業的に?昔の俺が感じていた信頼の定義ではなく、かなりプレッシャーが伴う信頼の定義。

それを、笑顔で即答するその姿を見て、「あーよかった」と安心した訳ですよ。

全員が俺の夢だった。

店舗経営、複数事業、土地管理、コミュニティ事業、コンサルタント事業・・・

全てが仕掛ける側からの目線で、仕掛けられる側にプレッシャーを与えない。

その分の責任を自分が背負う。

サムライに近い感覚なのか?

“二言の無い”雰囲気が漂うオーラ。

その割には飄々とジョークを飛ばし、平然とコミュニケーションを止めない経験値。

半世紀後、そんなオヤジになってたいなって、本当にそう思う。

だって、将来に俺みたいなヤツが急に目の前に現れて、「お願いします!!」って頭下げられた時に、カッコよく答えたい!!

誰に何を言われようとも、動じない心とそれに伴う実績を!

例えば、コロナの件で、WHOがコロナの件で叩かれていたりするけど、実際にその人達じゃ無いと分からないことの方が沢山だと思う。

時間経ってみたら、自分の知識の無さが恥ずかしくなってしまうような発言や行動はしていないか?

特に、”指導”を生業としている人達なら一般教養に加えて、自分の社会的位置付けを理解することが大前提になってきているように感じる。

IQの時代、平成の初頭に伸びたダンス界も、今やEQを経てNQの時代。

結果論から経過論へ、そして前提論。

この30年で、この世の全てのプロジェクトは大きな変貌を遂げている。

でもまだ、教えられた過去のイメージそのままに、色んなプロジェクトが動いているように思う。

5人の経営者は、こんな事も言っていた。

「できる限りのことはやってやる。だけど、最後は自分自身だ。」

誰かが立てた城になど、住み着くつもりは毛頭無い。