参加者からこんな声が聴こえてきた、この夏StartUPstudioがお勧めするワークショップ「音楽というダンスを踊っているかい⁇」の1日に密着してみました。

StartUPstudioオーナーのCobA先生が「ダンスをもっと楽しんで欲しいし、上手くなって欲しい。」の一言から何度も企画を練り直し出来上がった講座。

8月12日(終了)、8月17日(受付中)に2日だけのスペシャルなワークショップ。12日参加者の皆さんの様子は緊張した感じでのスタート、CobA先生の最初の言葉は、「ダンスって何?」

講座が進むに連れて、緊張の顔が「なるほど~」とほぐれたり、声が上がるほどの笑いありの講座になりました。

レッスンで先生がよく言う、“オンカウント、エンカウント”ってわかってる?

「先生に“早取り”だよ」って言われたことない?そんな人は◯◯で練習してみて

中世ヨーロッパの時代からリズムは◯◯でない⁉︎

リズム感良くしたかったら…

これはストリートダンスの秘宝…

苦手な動きその原因は◯◯◯にあるかも!

皆さんが普段のレッスンで疑問に思っている事が解けた瞬間だったようです。

「今さら聞けない」なんて思っている人、もったいない。この機会にレッスンでの気になる“アレコレ”を解決しちゃいましょう!

レッスン密着した1番の私の感想は、レッスンの最初に踊ったみんなのダンスと最後に踊ったダンスの違いにビックリ!最初は、先生の指示があるまで体を動かさなかった人も最後には自分でリズムを取っていたり、体の使い方がとってもカッコ良くなったと感じました。笑顔で気持ちよく踊っているように感じたのはみんなが講座前より自信を持てたからなのかなと思いました。

講座を通して、CobA先生がいつも言っている「リズムが大事」このことの意味が腑に落ちた気がします。

CobA先生云く、2か月~3か月間、今日やったこと練習したら絶対に変わる。「みんな練習するかな~っ。」と誰もいないスタジオでみんなを見送りながらつぶやいていました。

ダンサー王国への道、「ダンスを望む全ての人を応援する」ミッションは始まったばかり…。

8/17(土)のワークショップは、まだ間に合います!残席2名。この夏最期のチャレンジしてみませんか?