DJ”1016(トイロ)”出演決定!!

孤高のDJ1016(トイロ)がDownUPで再出発!ダンサーの知識(曲)を発掘する!!



4月28日(日)に開催されるStartUP!!studio主催「DownUP vol.3」が10倍楽しめる最新情報をお知らせ致します!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_7724-1-450x300.jpg です

前回、熊谷最新のダンスイベントとしてvol.2を盛大に盛り上げたダンサー達が、今年も熊谷HEAVEN`S ROCKに集合します!

80名だった出演者が今年は110名!!

★大盛り上がり間違いなしのこのイベントの限定25枚前売りチケットはコチラから!★

○最新情報○

DJ

DJ1016(トイロ)

「もう一度聴きたくなる。」

その曲を愛し、その曲を誰よりも知っている人。

DJ(ディスクジョッキー)。

もしも、DJが不在のイベントがあったのなら、それはもはやイベントと言わないだろう。

彼の手からは、魔法のように次々と沢山のレコードが飛び出してくる。

ほんの数秒だけかける時もあれば、長々と同じ場所だけをかけ続ける時もある。

回り続けるメリーゴーランドのように、DJが生み出す音楽は決して止むことはない。

それが鳴り止んだ時、イベントは終焉を迎える。

・・・

数年前。

地元を拠点にしていたDJ 1016(トイロ)は、ある難局の渦中にいた。

何度もイベントをオーガナイズしてきた彼は、少しづつではあったが名前も売れ始め、首都圏イベントにも参加するようになっていた。

「これから先、大きなイベントを渡り歩く。」

そんな期待さえ現実味を帯び出し。

DJ仲間と共に、地元のイベントの”音”を守り続けた。

しかし、時代の流れはクラブの客離れの真っ最中。

聖地渋谷ですら、クラブの閉店が相次ぎ、イベントなど継続の余地のない時期だった。

地方では、更にその風は強い。また1人、また1人と仲間がレコードを置いていった。

最後の1人となったDJ 1016(トイロ)は、為す術無くレコードをイベントの名前と共に誰にも知られず、心の底にしまった。

仕事に明け暮れる毎日。

過ぎていく時間。

増えていく知らない曲。

頭をかすめるのは、お客さんの歓喜の声。

スピーカーを通して響く、ノイズ。

そして、大好きな音楽。

最期の挨拶もできずに離れた場所が、どんなに時間が経ってもすぐそこにあるように感じていた。

家に帰って、ヘッドフォン越しに聞く自分のプレイもどこか寂しく。

かといって、そんな場所を作れる力さえない自分に腹が立ったりもした。

「どうしても戻りたい。」

その叶わぬ思いを胸に、再起の時をたった一人待ち続けた。

ターンテーブル越しに見るお客さんの楽しむ姿。

「また行きたい!」

と思ってくれるイベントを。

持っている知識(曲)を、全て使って喜ばせたい。

DJ 1016(トイロ)の名前を新たに刻み、再起の一歩をここDownUPからスタートさせる!

・横浜HouseNation出演

[出演時間]

Opening DJ 10:45~11:05

DJ Time 12:15~12:35

Ending DJ 14:05~14:30

★大盛り上がり間違いなしのこのイベントの限定25枚前売りチケットはコチラから!★