「どんな音楽でもリズムに乗せて動けるようになる!」と噂のワークショップ『ダンスという音楽を踊っているかい⁇』のレポート第2弾。CobA先生が一人一人を見れるようにと10名限定で行われたワークショップは、お陰様で満員で最終日の2日目を迎えました。

 ダンスを楽しむ為に必要な“リズム”についてを教えてくれるワークショップ。子どもから大人まで、ダンスを始めたばかりの人から何度もステージを経験してる人まで、それぞれの立場で理解を深めて行きました。

お昼休憩には、参加者同士で教え合う場面も!課題は違うかもしれませんが、ワークショップに込められた「もっとダンスを楽しんで欲しい、上手くなって欲しい」というCobA先生のメッセージに引き寄せられて出会った人達ならではの時間だったのではないかなと思いました。

 普段のレッスンではできないワークショップならではの、プログラムや人との出会い。参加者の真剣な表情や楽しそうな笑顔を見るたびに次はどんな企画をしようかワクワクが止まりません。

 スタジオに飾られたCobA先生がコンテストで優勝した時の写真を見つめる女の子に声をかけてみました。「それ、10年くらい前の写真だよ。」「私、1歳だ!」そこを通りかかったCobA先生が「先生、よく飽きないで続けてるでしょ。ダンスはどんどん楽しくなる!」と笑っていた理由は今回のワークショップにたくさん込められていた気がします。

 講座終盤のダンス力強化では、「動きやすくなった!」と感動の声が上がりました。

ダンサー王国への道、「ダンスを望む全ての人を応援する」ミッションは始まったばかり…。

 次回、StartUP!!studioが企画するワークショップ情報をお見逃しなく‼︎